top of page

​グリンクリエーションズ

ブログ

機材紹介

当スタジオでレンタル可能な照明機材の中でも、特におすすめの「定常光LEDライト」「モノブロックストロボ」「クリップオンストロボ」についてご紹介いたします。

これらの照明機材は、さまざまな撮影シーンで活躍する万能なアイテムです。


定常光LEDライト

定常光LEDライトは、撮影中に常に光を発するライトです。

ダイヤモンドリングライトは外径20インチの大型LEDで、PavoTubeはチューブ型です。明るさや色温度を調整できるので、撮影する被写体やシーンに合わせて光の雰囲気を変えることができます。

例えば、

  • ポートレート撮影:自然光のような柔らかい光で、モデルの魅力を引き出す

  • 商品撮影:色味や質感が忠実に再現された撮影ができる

  • 動画撮影:安定した光で、なめらかな映像を撮影できる

など、幅広い用途にご利用いただけます。


モノブロックストロボ

モノブロックストロボは、発光部と制御部が一体となったストロボです。

Pro foto B10Xはコンパクトで強力なストロボで、バッテリー駆動で持ち運びやすくモデリングランプのLEDは明るさ・色温度の調整ができる定常光として利用可能です。


クリップオンストロボ

Pro foto A10は円型ヘッドを採用したカメラに取り付ける小型のストロボで、高速シンクロやTTL測光に対応しています。

どちらも、瞬間的な光量を調整して、被写体の立体感や質感を強調したり、背景を暗くしたりすることができます。



ソフトボックス

ソフトボックスは、ライトの光を拡散して柔らかくするためのアイテムです。

光が直接被写体に当たると、影がくっきりと出てしまいますが、ソフトボックスを使うことで、影を柔らかくして自然な光を表現することができます。


ディフューザー

ディフューザーは、透過性のある布を張った枠で、ライトや太陽光を通すことで光を散らして柔らかくすることができます。

ソフトボックスよりも小さくて軽いので、持ち運びや設置が簡単です。


アンブレラ

アンブレラは、傘状のアイテムで、ライトを反射させたり透過させたりして光量や質感を調整します。

ホワイトは反射タイプで、トランスルーセントは透過タイプです。


カポック 白黒レフ板セット

白はレフ板として使え、黒は光を吸収して影を作ったりコントラストを高めたりします。

レフ板を使うことで、被写体の明るさや陰影を調整して、より立体感のある表現をすることができます。


これらの照明機材を組み合わせることで、さまざまな撮影シーンに対応できる幅広い表現が可能となります。

ご利用の際は、事前にご予約をお願いいたします。

ぜひ、当スタジオの照明機材を活用して、ご満足いただける撮影をお楽しみください。

以上よろしくお願いいたします。


定常光LEDライトPavoTube Ⅱ15X、 PavoTube Ⅱ30X




定常光LEDライト ダイヤモンドリングライト


ダイヤモンドリングライト


モノブロックストロボ Pro foto B10X


Pro foto B10X


クリップオンストロボ Pro foto A10


Pro foto A10


ソフトボックスbroncolor (60x100)


broncolor (60x100)


ディフューザー ライトパネルN アルミ製90×183


ライトパネルN アルミ製


アンブレラ (40インチ ホワイト、 40インチ トランスルーセント):



カポック 白黒レフ板セット (3×6判):


白黒レフ板セット

これらの照明機材を組み合わせることで、さまざまな撮影シーンに対応できる幅広い表現が可能となります。

ご利用の際は、事前にご予約をお願いいたします。

ぜひ、当スタジオの照明機材を活用して、ご満足いただける撮影をお楽しみください。

以上、よろしくお願いいたします。




セルフ写真館BLANC

住所:島根県益田市有明町2-2 GRIN-CREATIONS 2F

ご来店をお待ちしております!



Comments


bottom of page